パワハラ自殺は公務災害

パワハラを受けていた教諭が自殺した問題を公務災害認定


これって凄いことではないですか?
校長のパワハラを認めたってことになるわけで、校長の責任追及に及んでいくことになりませんか。
殺人罪なのか業務上過失致死になるのか分かりませんが因果関係があるということになるわけですから何らかの処罰の対象にならないとおかしいことになりますよね。
衝撃的なことだと思います。
まあ、地方公務員災害補償基金の判定ってことですが、うつ病にかかる原因の一つに過労とパワハラが絡むことって多いはずです。この例が今後どう影響するかは未知数ですが、同様の考え方で行くと一般企業でも同じようにパワハラをしている上司は処罰されてしまう可能性があるってことになるかもしれません。
パワハラをしている人はその行為がパワハラという認識がないでしょうが今後は気付かなかったでは済まされなくなるかもしれませんね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080929-00000167-jij-soci


posted by かつくん at 14:19 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病からの生還

うつ病には早足が効く

うつ病には早足が効く


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080927-00000002-cnc-l20
どうも体を動かすことは有効らしいですね。
ブログ内でもお話しましたが、とにかく走りました。
当然疲れますが、疲れ多分だけの見返りはありますよ。
最大の見返りは、眠れるようになる。
これ間違いないです。
眠れないことが色々な体調不良の根幹にありそうですから、適度に疲れることがいいのかもしれませんね。
タグ:うつ病
posted by かつくん at 22:32 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病からの生還

うつ病への関心が高いようです

「うつ病」に不安、20代は45%


うつ病への不安が20代にで高くなっている。
それだけ、ストレスが溜まる状況が出来上がっているって事ですね。
ただ20代って早くないですかね。
どちらかっていうと、中間管理職になっている30代、40代が中心だと思うのですが・・・。
最近流行の新型うつ病の絡みもあるのでしょうね。
http://www.j-cast.com/2008/09/22027348.html
タグ:うつ病 楽天
posted by かつくん at 07:03 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病からの生還

うつ病とオンラインゲームの関係

うつ病とオンラインゲーム


どうもと言うか、やはりと言うべきか。
うつ病とオンラインゲームには繋がりができてしまうようです。
どうしても擬似世界に入り込んでしまうことで、現実との乖離が出てしまうためなのかな?
どうしても、人とのコミュニケーション不足に陥りがちですからね。そこが問題の引き金になってしまうのでしょう。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080922-00000001-wvn-sci
posted by かつくん at 10:07 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病からの生還

吾妻ひでおのうつ病体験記

人気漫画家 吾妻ひでおの自らのうつ病体験をコミカルに描く「うつうつひでお日記 その後」が紹介されています。
うつ病を話題とした漫画ですが、参考になることが多いものです。
一度チェックされてみては?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080921-00000000-maiall-ent
posted by かつくん at 10:25 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病からの生還

子供の心専門家養成

子供の心の専門家


増えている子供の、うつ病をはじめとした心の専門家を養成するための連合大学院「小児発達学研究科」を新設する。
社会人を対象にしているとの事です。
少しでも心の専門家が正式に誕生することを願います。
今のカウンセリングは明確な資格ではないこともあり、とんでもないカウンセラーがいると言う話もありますからね。
詳細は以下から。

http://osaka.yomiuri.co.jp/university/education/20080921-OYO8T00281.htm
posted by かつくん at 14:12 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病からの生還

うつ病と収集癖

収集癖のある方の半数がうつ病?


収集癖のある方の半数がうつ病の可能性があるそうです。
私も捨てられないタイプですが、収集癖と言われるほどのことはないと思っています。
なんともいえない部分はありますけどね。
うつ病になると判断能力の低下が出ますから捨てる、捨てないの判断ができなくなる可能性は高まりますね。そういう状況で物がたまるのは理解できますが・・・。
内容は以下にあります。
http://mainichi.jp/life/health/yamai/utsu/news/20080920ddn035070055000c.html
posted by かつくん at 23:19 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病からの生還

産後うつ

産後うつ病の可能性を特定する簡易な3つの質問

新しく母親となった女性の産後うつ病の可能性を調べる際に、簡単な3つの質問を用いたスクリーニング法が、従来のスクリーニング法に劣らないとの研究が報告された。産後うつ病は新しい母親が直面する最も一般的な問題であるが、時間など制約のため、日常診療ではスクリーニングは行われていない。

米医学誌「Pediatrics(小児科学)」9月号に掲載された今回の研究は、米コロラド大学健康科学センター(デンバー)でコロラド思春期・妊産婦プログラム(CAMP)を実施したCatherine Stevens-Simon博士らによるもの。

14〜26歳の母親199人を対象に、出産後6カ月間の小児の健康診断時に、標準的に用いられているエジンバラ出産後うつ病評価尺度(EPDS)と、その簡易版である3種類の質問票に記入してもらった結果、3つの質問を用いた簡易版は、一般的なうつ質問票(PHQ)と同様の2つの質問を用いた簡易版よりもスクリーニングツールとして優れており、従来の長い質問票に比べて特定されたうつ状態の母親が16%多かった。

3つの質問を用いた簡易版は不安症状に焦点を当て、以下の項目について尋ねるもの(回答は「はい、いつもある」「はい、時々ある」「ほとんどない」「いいえ、一切なし」の4つ):

・物事がうまくいかないとき、不必要に自分を責めることがある。
・特に理由もなく、怖くなったりパニックになることがある。
・特に理由もなく、不安になったり心配したりすることがある。

共著者である同大学のJeanelle Sheeder氏は、この3つの質問を選択した理由について、「他の研究により、産後うつ病では不安が大きな要素を占めることが示唆されており、これらの質問は特に不安に関連しているため」と説明している。

米マウントサイナイMount Sinai医科大学(ニューヨーク)のAdam Aponte博士は「産後うつ病は過小診断されているが、スクリーニングが重要である。この3つの質問を用いたスクリーニングの利点は、何が患者に起きているのかに焦点を絞るのに有用である点。それによって詳細な検査が可能となる」と述べている。(HealthDay News 9月2日)

これだけの質問でうつが分かるんですかね?
なんだか、あまりにもそっけないというか、簡易すぎるきがしてなりませんが。
うつ病ってもっと奥が深いような気がするのです。
なんか納得感がないなぁ。

posted by かつくん at 10:07 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病からの生還

甲状腺とうつ病

甲状腺との関係



今日のピックアップ記事
http://mainichi.jp/life/health/yamai/utsu/news/20080913ddn035070044000c.html
私の知り合いにも甲状腺機能亢進(こうじょうせんきのうこうしん)症、(ホルモンの分泌が多くなりすぎる病気)からうつ病に進んでしまった人がいます。ちょっと気になる内容でしたのでチョイスしてみました。
posted by かつくん at 18:30 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病からの生還

高齢の父親から生まれた子どもは双極性障害のリスクが高い

高齢の父親から生まれた子どもは双極性障害のリスクが高い



今日のお題の内容です!!
http://health.nikkei.co.jp/hsn/news.cfm?i=20080911hj001hj

衝撃の事実ですね。
まあ1.37倍ということです。
ただ55歳以上という事です。該当する方はあまり多くはないでしょうが、ちょっと気になる報告です。
posted by かつくん at 18:19 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病からの生還
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。