うつ病への偏見

先日の、国会議員には一人もいない。そんなに気が弱かったら務まらない。
そう発言した、自民党の笹川氏の発言に対して、精神科医の和田秀樹氏がコメントをしている。
実際には、そういう偏見の為に専門医に相談できない患者さんが生まれている。
そういう、誤解を解くのが政治を司る者の役割ではないかとおっしゃっているが、
冷静に、怒っているだけでは何も始まらないと提言をしている。
大人ですね。
国会議員だって、うつ病に陥っている人はいるだろう。
隠さなくてはならないのだろうね。
うつ病に対する偏見が根強く残っている日本の幼稚な政界では・・・。
ノルウェーでは、過去に首相がうつ病になり、
1ヶ月公職を休んで復帰したと言う話がある。
復帰の際には、大喝采を受けたとも聞いた。
日本という鎖国時代の色を残し続ける閉鎖的な社会の中では、
うつ病を性格に受け止めるための土壌が生育しないのかもしれない。
やっぱり、元うつ病患者の国会議員が沢山現れるのを待つしかないのか?
タグ:うつ病
posted by かつくん at 06:40 | 東京 ☔ | Comment(39) | TrackBack(0) | うつ病からの生還

こんな記事を発見

http://mainichi.jp/life/job/news/20090406ddm013100030000c.html

うつ病になった人が、休みたくても休めないという現実に対して、
随分おめでたいことを言っていますね。
労働組合に相談しろ?
労働組合が無い会社が多いことを知らないの?
そんなこと、最初から分かっている。
それができないから困っているのです。

特に、中小企業で働いている方が、休職後、職場に戻れないと言う割合の高さには驚かされます。
でも、現実だと思います。
私の会社も、中小企業です。
幸いなことに、うつ病に関して、理解をもっていてくれるのか、私自身は休職することができ、
現在では、復帰しています。
ですが、復帰後に言われた言葉はショックでした。
あなたには、元の職場に席はありません。
おーい。
復帰後の、人間に言う言葉か?
ふざけるなって。

今は、新規で立ち上がった部署で働いていますが、
あの言葉は忘れません。

その言葉を発した方が、私をうつ病の世界に誘い入れてくれた訳ですから・・・。

タグ:うつ病
posted by かつくん at 21:53 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病からの生還

産後うつ病

これまで、産後うつ病に関してあまり触れてきませんでした。
残念ながら、実際に産後うつ病になったことが無いこともあり、
介入することが難しかったのですが、
こんなサイトを見つけました。 

ママブルーネットワーク
http://www.mama-blue.net/

市民団体が運営しているサイトなのですが、
凄く良くできているサイトです。

質問や、相談をきちんと受けてくれています。
温かみを感じます。

もし、産後うつ病でお悩みの方がいらっしゃいましたら、
一度サイトをご覧になってください。
タグ:産後うつ病
posted by かつくん at 00:21 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病からの生還

パキシルは攻撃性を呼ぶのか?

最近、厚生労働省が調査を始めているという話を聞きます。SSRIと呼ばれる抗うつ剤が調査の対象ということです。私もパキシルを服用していますが、そんな症状に駆られることもありません。
人によってということでしょうが、私にはパキシルがあっているようなので、パキシルの使用が禁止されるなんて事が無いことを願いっているところです。
posted by かつくん at 05:43 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病からの生還
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。