産後うつ

産後うつ病の可能性を特定する簡易な3つの質問

新しく母親となった女性の産後うつ病の可能性を調べる際に、簡単な3つの質問を用いたスクリーニング法が、従来のスクリーニング法に劣らないとの研究が報告された。産後うつ病は新しい母親が直面する最も一般的な問題であるが、時間など制約のため、日常診療ではスクリーニングは行われていない。

米医学誌「Pediatrics(小児科学)」9月号に掲載された今回の研究は、米コロラド大学健康科学センター(デンバー)でコロラド思春期・妊産婦プログラム(CAMP)を実施したCatherine Stevens-Simon博士らによるもの。

14〜26歳の母親199人を対象に、出産後6カ月間の小児の健康診断時に、標準的に用いられているエジンバラ出産後うつ病評価尺度(EPDS)と、その簡易版である3種類の質問票に記入してもらった結果、3つの質問を用いた簡易版は、一般的なうつ質問票(PHQ)と同様の2つの質問を用いた簡易版よりもスクリーニングツールとして優れており、従来の長い質問票に比べて特定されたうつ状態の母親が16%多かった。

3つの質問を用いた簡易版は不安症状に焦点を当て、以下の項目について尋ねるもの(回答は「はい、いつもある」「はい、時々ある」「ほとんどない」「いいえ、一切なし」の4つ):

・物事がうまくいかないとき、不必要に自分を責めることがある。
・特に理由もなく、怖くなったりパニックになることがある。
・特に理由もなく、不安になったり心配したりすることがある。

共著者である同大学のJeanelle Sheeder氏は、この3つの質問を選択した理由について、「他の研究により、産後うつ病では不安が大きな要素を占めることが示唆されており、これらの質問は特に不安に関連しているため」と説明している。

米マウントサイナイMount Sinai医科大学(ニューヨーク)のAdam Aponte博士は「産後うつ病は過小診断されているが、スクリーニングが重要である。この3つの質問を用いたスクリーニングの利点は、何が患者に起きているのかに焦点を絞るのに有用である点。それによって詳細な検査が可能となる」と述べている。(HealthDay News 9月2日)

これだけの質問でうつが分かるんですかね?
なんだか、あまりにもそっけないというか、簡易すぎるきがしてなりませんが。
うつ病ってもっと奥が深いような気がするのです。
なんか納得感がないなぁ。

posted by かつくん at 10:07 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病からの生還
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。