人間図書館

イギリスにある本ではなく人間を貸し出す「人間図書館」を取材しました。

イギリスでは「人間図書館」がすでに始まっている。
「人間図書館」とは何か?
簡単に言うと、過去にそれぞれのカテゴリに対して経験を持っている人が、先輩経験者として持っている経験、コツなどを直接出向いて話して聞かせるというもの。
本や、映像を用いて理解させるのではなく本当の意味での生の声を聞くことができる。もちろん、そこには一方的な話ではなく、疑問があればその場で聞く、アイディアを貰うことも可能となる。
これぞ生き字引という感覚でしょうね。
こういった「人間図書館」は世界20カ国以上に広がっている。
もちろん、うつ病や、統合失調症などの精神障害の担当者も取り揃えてあるそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20081110/20081110-00000816-fnn-int.html

障害年金受給法
posted by かつくん at 16:20 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病からの生還
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。