冬季うつ病への応用

哺乳類の季節感知の仕組みが冬季うつ病を救う



 哺乳(ほにゅう)類が季節を感知する仕組みを、名古屋大大学院生命農学研究科の吉村崇教授の研究グループが突き止めた。日照時間が長くなると、催眠作用を持つホルモン・メラトニンの脳への分泌が抑制される一方、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌が増えて春の到来を感じ取るという。家畜の繁殖時期の制御や人間の冬季うつ病治療などへの応用が期待できる。米国科学アカデミー紀要電子版に掲載される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081118-00000055-mai-soci
posted by かつくん at 10:29 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | うつ病からの生還
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

冬季うつ病をメラトニンと温かいもので乗り切る?
Excerpt: 季節性感情障害(冬季うつ病)に応用できる研究成果が発表されました。 哺乳類にも季節感じるホルモン=マウスで発見 名古屋大大学院の吉村崇教授らのグループは、哺乳類...
Weblog: うつ病ドリル
Tracked: 2008-12-30 14:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。