うつ病と教職員

うつ病の蔓延


うつ病がこれだけ広がったのはなぜなのだろう。
昔から、うつ症状は存在していただろうに・・・。
うつ病と言う名前が一般的になってきたからなのかな。
それならば、社会変化による心労が増加したということにはならないだろう。
これまでは、病気として考えていなかった部分を、
うつ病という病気として捉えるようになったからであって、
学級崩壊といわれるような変化によるところではないことになる。
本当にそれだけなのか?

何か違う。
私も、人の親として感じるのだが、
子供に対する愛情と言うか、関心が低下していないだろうか。
自分の子供が悪いことをしても叱れない。
そんな親が増えているのではないか?
悪いことは悪いと教えるのが親であろう。
そんなこともできずに、問題は教育現場にあると考える親が増えているのではないだろうか。
しつけ、教育をするのは、親であり、家庭である。
それを、絶対に忘れないで生きて生きたい。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081226-00000100-mailo-l11
タグ:うつ病
posted by かつくん at 23:50 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病からの生還
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。