22号 うつ病生還記

うつ病は治る

こんにちは。

かつくんです。

19号で紹介した方の現状をお知らせします。
家庭内のトラブルが原因という
分かりやすい形でのうつ病発症であったため、
発病後、1か月程度で体調的には回復し、
投薬も最大のときに
パキシル 40r
デジレル 25r
を一日一回とされていたようですが、
現在では、見るからにいたって元気。

投薬量も
パキシル 15r
デジレル 25r
となっているようです。


うつ病の原因となっていた問題は、
考えないことにしたとの明るい返事。


うらやましいです。
でも、あせらず、うつ病完治に邁進しましょう。


21号からの、うつ病生還記の続き

医師からの診断に一応の理解を頂いたのもつかの間、
取り合えず薬を飲んで、休養をとってください。
しかし、再度専門医に再診断を仰ぐようにしてください。

おいっ。まだ信じてないのか。
本当につらいんだぞ。と思ったが面倒になりとりあえず、
はい。と答えておきました。

以前に接触を持とうとした精神科に再度電話を入れ
予約の確認をしました。やはり、10月12日の午前11:30
との返答でした。

鉄則に従い、あせらないように言い聞かせ。
うつ病なのか再診断を待つことになったのです。
posted by かつくん at 03:16 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | うつ病からの生還
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

残業をなくせ!⇒長期休業増の構造:リストラ→残業増→夜の光⇒...
Excerpt:  1.始めに 企業が長引いた不況の過程で成果主義の導入を進めた結果、従業員一人一人に求められる責任が増加して、長期休業した従業員が増え、多くが鬱病(うつびょう)・自律神経失調症を中心としたメンタル疾患..
Weblog: 明日への道しるべ@ジネット別館
Tracked: 2008-04-10 19:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。